林業経営を通じて、森を愛し、森を活かし、森と共生する人と地域を育み、循環型社会の実現に貢献する森林組合をめざします
ブログ

山のこと・木のこと

一貫施業の現場(2月4日)

浦田木材さんと石央森林組合で進めている「一貫施業」 伐採した後、 林業架線を撤収するまでに架線を利用して コンテナ苗のスギ、ヒノキ合計1,500本を運搬することとしています。 先日、現地での打合せを実施しました。 参集者 …

一貫作業のすすめ

「林業の現状」 人工林が本格的な利用期を迎える中 「伐って、使って、植える」という時代に入っています。 しかしながら、長く続く木材価格の低迷から 森林所有者の森林経営意欲は薄れ、 森林の経営、管理が適切に行われず、 伐採 …

伐採から始まる循環型林業

本日、有限会社清水木材様と石央森林組合において 「伐採者と造林者の連携による伐採と再造林のガイドラインに基づく協定」を締結しました。 これは、両者が緊密な相互連携と協働による活動を推進することにより、主伐の促進と伐採跡地 …

境界明確化

森林所有者(組合員)さんと 境界を教えてもらったり 山の話をしたり 木をみたり 植えた頃のお話など たくさんの思いを うかがうことができます 組合の職員が 地域や家族を大切にする思いを 次代に繋いでいけるようにと 思う1 …

お見積り

本日は“雨”   先週からのお約束でしたので 家屋の裏山の立木伐採のお見積りに出かけました 大まかな範囲を伺って 林内の調査は足元が悪いので後日としました   山に関するご相談 お待ちいたしております

コンテナ苗の植栽

3月15日にブログでお知らせした、 早生樹とスギコンテナ苗を植栽した 浜田市弥栄町の現場において、 島根県中山間地域研究センターの検証で 本日は120本のコンテナ苗をどの位の時間で植栽できるか、 どういった動きをするのか …

伐採から始める循環型林業

本日、播磨屋林業株式会社さんと石央森林組合において 「伐採者と造林者の連携による伐採と再造林のガイドラインに基づく協定」を締結しました。   これは、両者が緊密な相互連携と協働による活動を推進することにより、主 …

早生樹に関する研修会

平成30年2月7日島根県立大学コンベンションホールにおいて島根県主催の「早生樹に関する研修会」が開催され組合からも参加しました。 今後の展望や県内の取組みが報告されました。   さて、「早生樹」この言葉、 林業 …

所有者不明土地

深刻な問題です ニュースになるのは道路など 買収をする時に手間が掛かったり 仕方なくルート変更を余儀なくされたり 林業関係はもっと深刻です 木を伐採・搬出するためには 架線を張るか 作業道を作らなければなりません すると …

支障木の伐採

建物など構築物の周りの樹木 「いつのまにか大きくなって とても手が付けられない。」 というご相談を多くいただきます。   このたびは道路に係る伐採のため 根元から一度で伐採することができません。 “ラフター”と …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 石央森林組合公式ホームページ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.